飼い方カウンセリング後の宿題/しつけ教室参加者サポート

plusWanDogSchoolは、最初に飼い方カウンセリングを行い、飼い主さんといぬの関係、飼われている環境や状況を聞き取らせて頂いて、飼い主さんといぬにとって最適なプランを実施させていただいています。

飼い方カウンセリングは何のために

みなさん、こんにちは。
Global.plusWanのこにたんです。

飼い方カウンセリングは、現状における問題点の改善、そしてこれからの生活をどのようにしていくべきかを見極めるための大切なお時間です。
・飼養されている環境や状況
・飼い主といぬとの関係性
・接し方や扱い方がどうか
・問題点はなにか
・問題点の詳細と説明
・これからどのようにしていくか
・そのためには、どんなことが必要か

などなど、細かく聞かせていただきます。
多くの方は、
「web.飼い方カウンセリング」
を、ご利用いただいています。
事前にこちらが把握できる分だけ、実際のカウンセリング時により突っ込んだ内容をお聞きできる。
みなさん、ご利用ください。

しつけ教室にお申し込みされる方は、事情が様々。
いぬが6ヶ月未満の方もいれば、5歳を越えて「直りますか?」という方、
トイレを覚えない、吠える、噛むという問題を抱えた方も。
当然家庭事情も同じではない状況を、空想妄想を駆使しながら対処法のアドバイスをします。

飼い方カウンセリング後半では、

飼い方カウンセリングは、約1時間程度の時間を要します。
このカウンセリングの後半では、初回の宿題を実施していただくためのレッスンを行います。
この後半のレッスンでお教えすることが、そのまま次回レッスンまでの宿題となります。
飼い主さんといぬの関係や飼養状況、問題点の深刻度などから、宿題の内容は様々です。

宿題の内容とは、

宿題は、次のレッスンに向けてプログラムしていきます。
ここでは、基本的な宿題の内容をお知らせいたします。

飼い方カウンセリング後の宿題は、
「飼い主さんといぬとの関係の向上」が目的となります。
上手にいぬとコミュニケーションを図ることが目標です。

パターン1
△お散歩;「歩く」「止まる」「名前」「ごほうび」
・飼い主との関係性;飼い主について歩くこと、
・名前に対して反応するための動機づけ
・飼い主との関係性構築

△呼び戻し;ホールド役と呼ぶ役が必要
・飼い主がしっかりといぬをコントロールできているか、
 いぬとの関係性は良好な状態かを確認するためのステップチェック

△トンネル;飼い主とより近いところでいぬと楽しみを共有する
・床にお尻をつけて、足をまえに投げ出します
・膝を浮かせて足でトンネルを作ります
・ごほうび(フード)を持って、足のトンネルに誘導しながら潜らせます
・いぬが誘導に釣られて通り過ぎることができれば、ごほうびを与えましょう

宿題は根気よく

宿題課題は、根気よく続けるように努力をお願いします。

plusWanDogSchoolのレッスンは、2週間に1回のペースで行います。
宿題は、2週間続きますので、根気よく粘り強くが大切です。

みなさん、がんばって!

投稿者: globalpluswan

高校を卒業後、民間の警察犬訓練所に見習い訓練士として入所。その後独立し、犬の繁殖と家庭犬のしつけトレーニングを行う。1994年にテリーライアン女史に出会うことにより、理論的なしつけトレーニングの重要性を痛感し、ボジティヴレインフォースメント(陽性強化すなわち正の強化による学習)によるトレーニング法を中心としたしつけを実施し、北陸(福井、石川、富山)を中心に動物病院、ペットショップなどでしつけ教室を定期的に開催する傍ら、ペットの専門学校での教務全般に関わりながら、学生に犬のしつけに関する講義を行っている。また、動物愛護事業にも行政と連携を図りながら活動している。そして、インターズーから出版される「新版犬のしつけ学」の著者でもある。 ・JAHA(公益社団法人動物病院協会)認定家庭犬しつけインストラクター ・一般社団法人ふくい動物愛護管理支援センター協会代表理事

飼い方カウンセリング後の宿題/しつけ教室参加者サポート」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。